スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2007年11月29日

測定結果


昨日の続きの測定結果。

全般的にみると波動エネルギーはおおむね○。スマイル
ほっ!

でも特に評価が悪かったのは喉、肺、そして胃の下部ガーン

色々とカウンセリングを受けてわかったことは他人からの悪い言霊を受けて自分の中に閉じ込めてしまっているのでそれが気管支系の波動エネルギーを低くしてしまっているとの事。
そしてそのストレスが胃の下部の波動エネルギーを低くしている原因かもしれないということです。

ちょっとここで注意。
この波動エネルギー、病気の箇所だから、機能が低下しているから測定結果が低くなるということではないようです。
たとえば、風邪をひいていても、体の働きが活発で治そうとする自然治癒力が充分働いているような時は、測定評価が良くなる時もあるそうです。

で、評価が悪い部分にはエネルギー改善してもらい、約40パーセントほど改善効果が!


次に僕自身にとって良い波動の言葉は何かを探していきました。

事前に記入した、宇宙観、世界観、人生観、仕事観、家族館、好きな言葉や理想などなど、
いろんなことから導き出し、その言葉を波動アストレアに入力。

そしてその言葉のもつ波動を僕に体にいれ、波動エネルギーを測定。

わずか30分のカウンセリング時間でしたが、その中でもっとも僕に必要な言葉とは・・・


「ありのままに」


初めは、自分で好きな言葉、必要だと思う言葉には「協調性」や「和」という言葉を上げていたんですが、どちらかというと反対の意味合いの「ありのままに」。

僕の場合、どうしてこの言葉だと波動エネルギーがアップとなるのか?

初めはよく分かりませんでした。

でもカウンセリングを進めていくにしたがって、僕は頭で「協調性が大事だ。だからそれを乱すようなことはしてはいけない。そしてさせてもいけない!」と思っていたようです。

初めの方に書きましたが、他人の言霊を受けてそれを自分の中に閉じ込めてしまっていたのは、他人から受けた悪い言葉をまた他の人に喋ると「和を乱すのでやってはいけない」と無意識のうちに強く思い込んでいたのでしょう。

もちろん負の言葉の連鎖を起こさないに越したことはないのでしょうが、僕自身はまだ、自分に中に悪い言葉を受け止め閉じ込めても消化できるだけの器ではないようです。

要するに、僕にっとて「協調性」や「和」は頑張って背伸びした状態でしか維持できないということだったんでしょうね。

(もしくは協調性は充分取れているので次のステップの言葉「ありのままに」が必然的に必要なのでは?とカウンセラーに言われました。ちょっとうれしい!当っているかはいるかは???です。。。)

そして、「~でなければならない」、「~してはいけない」という言い方や、思いは、自分も、他人も束縛してしまうものですよね。

人はだれでも自由であることが大切なのに、僕の思いの中にはこの束縛してしまう考え方があったようです。


カウンセリングが終わった後、その内容を改めて考えてみると涙が出そうなくらい安心したというか、勇気がわいてきたというか、心が開放されたというか。。。それまで人前で涙は見せないようにしていましたが、まだ測定を待つたくさんの人がいる前で涙がぽろぽろ泣き
「これでいいんだ、ありのままに・・・。」


今でも時々、「協調性」「和」を守らなければ!という思いが出てくることはありますが、こだわらずに「ありのままに」を受け入れることが少しはできるように???なったと思います。


言葉の持つ波動って、不思議です。
もちろん僕の頭では理屈はわかりませんが、体験して実感しました!

ぜひ宮崎でも測定会ができるように企画していきたいと思います。
そのときは皆さんもぜひ参加してみましょー!


僕が運営する元気生活提案ショップ「蘇生の泉」のネットショップです。ぜひぜひ見てやってください!
http://www.soseinoizumi.com/

  

Posted by 元気TA- at 18:22Comments(4)お~、本物技術!